敬老の日のお祝い

【目次】

敬老の日のプレゼントは何を贈る?

敬老の日のプレゼントをお考えの方に、最近流行のお品物や贈ると喜ばれる可能性の高い商品など、人気のあるものを中心にご紹介したいと思います。
まず、折角の祝日に関するプレゼントですから、敬老の日そのものについても少し触れてみたいと思います。
敬老の日は「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨とした祝日で、2003年からは毎年9月第3月曜日となっています。
その始まりは、兵庫県多可郡野間谷村の門脇政夫村長と山本明助役が1947年に提唱した「としよりの日」で、「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」と、9月中旬の15日に開かれた敬老会です。
やがて兵庫県全体で行われ、後に全国に広がりました。
その後「老人の日」と改称し、1966年に国民の祝日「敬老の日」となって現在の形になっています。
そのため「母の日」のように外国から輸入されたような記念日とは違って、諸外国にはない日本独自の祝日です。
さて、プレゼントを贈るのであれば当然喜んで欲しいわけで、敬老の日にふさわしい贈り物はどんなものがあるのか追ってみたいと思います。
やはり、お年寄りの方を考えると、イメージとしては派手であったり流行の最先端をいくようなものではなく、慎ましさがあってもどこか暖かみのある、やさしいイメージのプレゼントが好まれるように思います。
ご高齢の方への贈り物で一番人気があるジャンルは和菓子で、丹波黒豆「京の大黒」という黒豆は、ポリフェノール、サポニン、ビタミンB1,B2などのミネラルが豊富な上に甘くてやわらかい上品な味が人気で、豆が苦手だという人でさえついつまんでしまう程です。
他にも心太の伊豆河童が提供する「名水ところてん」は、贈り物にするのにちょうど良いボリュームで、突き棒も入っているので楽しくなるようなつくりが良いとして、毎年お中元にしていると言ったリピーターの方が多数います。
味は淡白でありつつも上品で、健康にも良い、そんな商品が人気を勝ち得ているようですね。
更に最近では本当に贈られてた方のことを気遣ってくれていると感じる商品があり、その代表例が越前かに問屋「ますよね」が提供するかにセットだと思います。
この商品は、カニがそのままの形で贈られてくるのではなく、すでに食べたり、調理が出来るように食べやすくカットされています。
「包丁不要のカット済みのカニ」というキャッチコピーの通り、贈りものに選ばれた方も率直に、お年寄りに贈るのに最適な商品と評価しており、贈られて来た方にとっても、調理しやすく大変ありがたいという感想が絶えないようです。
このように、派手ではなくても、さりげない心遣いが見て取れる商品に人気があり、贈る側もこの点を考慮して商品を選べば間違いなく贈られて来た方に感謝されると思います。
数ある商品の中からひとつを選ぶのは大変と思いますが、贈る方の喜ぶ顔を思い浮かべつつ、プレゼントを選んでくださいね。

敬老の日のカードは何を書く?

敬老の日には、おじいちゃん・おばあちゃんに気持ちを伝えるカードをプレゼントしてはどうでしょうか。
お孫さんや子供たちから感謝の気持ちを添えたカードをもらったら、きっと喜ばれると思います。
敬老の日は、長いあいだ社会のためにがんばってくれた老人を敬い、長寿をお祝いする祝日です。
もとは9月15日だったのですが、ハッピーマンデー計画と呼ばれる祝日法改正によって、2003年から現在の日にちになりました。
敬老の日を移すときに高齢者団体からの反発が多かったので、もともとの9月15日はあらたに「老人の日」となり、この日から一週間は老人週間になっています。
2009年は、9月19日土曜日から、9月23日秋分の日までが5連休になっていますので、この老人週間にちなんで、おじいちゃん・おばあちゃんが遠くにお住まいの方は遊びにいってあげるのもいいかもしれません。
そのときは、敬老の日のカードもプレゼントしてあげてくださいね。
インターネットで、無料のカード素材がいろいろあります。
@niftyが運営する「キッズ@nifty」ではカードの素材を無料でダウンロードして使えます。
子供らしい、かわいいイラストのついた素材があります。
カードだけではなくて、郵送に使える封筒付きのものや、着物の形をした記念日らしいものもあります。
肩たたき券まであって、敬老の日にぴったりです。
素材はPDFファイルになっているので、ダウンロードしたら印刷して、線にそって切ったり貼ったりして作ります。
Epson Webプリワールドは、無料のMy Epsonに会員登録をすれば、たくさんの素材が無料で使えるサイトです。
Epsonのプリンタにぴったりの素材が紹介されていますので、Epsonプリンタをお使いの場合にはおすすめです。
このサイトは、なんといっても自分で好きな素材を選んで自由に組み合わせて、手持ちの写真も入れられるのがポイントです。
Epson Webプリワールドのフレームと、自分の写真を組み合わせるだけで、簡単にオリジナルのカードができあがります。
カードだけではなく、カレンダーやペーパークラフトなどもあり、素材が豊富です。
デザインもおしゃれでセンスがいいものがたくさんあるので、どんな方にプレゼントするのにも対応できそうです。
季節ごとに、その時期にぴったりな素材の特集がありますので、敬老の日に近くなるとその特集も組まれます。
Yahoo! きっずポストカードは、無料で素材を自由に選んで作成できるサイトです。
ポストカード、便箋と封筒のセット、飛び出すカードの3種類が作れます。
どのタイプを作るかを選んだら、ウェブ上で背景の色を選んだり、絵柄や文字のスタンプをつけたりして作ります。
背景色もスタンプも10種類以上あり、スタンプは大きさを変えることもできて、デザイナー気分でオリジナルカードが作れます。
小さなお子様だったら、大人が一緒に手伝ってあげるのもいいかもしれません。
敬老の日は、海外にはない日本だけの祝日です。
この素敵な習慣を大切にしたいものですね。

敬老の日のメッセージは何を書く?

いつも可愛がってくれているお祖父ちゃんお祖母ちゃんに、敬老の日のメッセージをプレゼントに添えて送りましょう。
最近は高齢化が進み、さらに少子化が進んでお祖父ちゃんお祖母ちゃんが孫と触れ合う機会が増えました。
昔は孫が一堂に会すると大変な人数になることが多かったのですが、今は一人っ子の子どもが産む孫が一人っ子ということも増えています。
たった一人の孫となれば、可愛さもひとしおですよね。
また最近は元気に人生を謳歌している中高年が増えて、幼稚園などでも運動会や参観日などお祖父ちゃんお祖母ちゃんが参加するイベントがたくさんあります。
元気なお祖父ちゃんお祖母ちゃんと遊ぶ機会は、孫にとっても良い人生経験になりますし親にとっても大助かりですよね。
かく言う我が家も両家の祖父母には大変世話になっています。
出産のときは里帰りして実家に頼りきりでしたし、その後主人が骨折や急性肝炎で入院したときもまだ乳児だった息子を実家で預かってくれました。
そんな緊急事態でなくても、普段から両家の実家に遊びに行けば孫の来訪を手放しで喜んでくれます。
親である私たちが少しでも育児から解放されてくつろげる時間を作ってくれ、孫たちと全力で遊んでくれるのでとても助かっています。
いつも感謝の気持ちはちゃんと口に出して伝えるようにはしていますが、やはり敬老の日は特別です。
ささやかではありますが、気持ちのこもったプレゼントにメッセージを添えて贈るようにしています。
お酒をたしなむ祖父には、ぐい呑みやピッチャーなどお酒に関するものを贈ります。
ラベルに孫の名前や祖父の名、メッセージを書いてくれるサービスを行っている酒屋さんでお願いすることもあります。
いつも若々しくて美しい祖母には、ブローチやピアスなどのアクセサリーを孫たちと一緒に選びます。
長生きの曾祖父母が健在だという方は、布バッグや帽子・座布団などを贈っても喜ばれるのではないでしょうか。
いつもありがとう、いつまでも元気でという敬老の日のメッセージを忘れずに添えましょう。
敬老の日に実家に帰れないという方もいますね。
遠く離れた場所に住んでいると、盆と正月以外はなかなか帰れないものです。
また育児で忙しい時期は、お財布の中身も厳しい時期です。
本当はとても素敵なプレゼントを贈りたいけれど、経済的にちょっと無理…という方は電報や花キューピッドを利用してメッセージを贈るのはいかがでしょう。
いつもありがとうと思っていることを我が子や孫たちが伝えてくれるだけで、お祖父ちゃんお祖母ちゃんは嬉しいものです。
それが無理でも、たとえば孫一同からメッセージとイラストを書いたファックスが送られるだけでも嬉しいですよね。
もちろん最近ならメールや写メールならより嬉しいものです。
A3のコピー用紙にみんなでメッセージやイラストを書いて、内側に折り込んではがき大にすれば80円切手で送ることができます。
親しい間柄であればあるほど面と向かって「ありがとう」というのは照れくさいものですよね。
敬老の日はそんな私たちの背中をそっと押してくれるチャンスの日です。
思い切ってメッセージを贈ることが、お祖父ちゃんお祖母ちゃんの何よりのアンチエイジングになるのではないでしょうか。

敬老の日のイベントって?

敬老の日では、全国各地でイベントを開催しています。
多くのイベントでは、九月の第三月曜日である敬老の日を入れた後ろ一週間を老人週間とし、多くのイベントでおじいちゃん・おばあちゃんやお孫さんを楽しませてくれます。
もともと敬老の日は9月15日とされていましたが、2003年より2001年の祝日法改正に伴い、ハッピーマンデー法が適用され第三月曜日となりました。
それに伴い、敬老の日から老人の日に名前が変わり、またその日から一週間を老人の日としたのです。
敬老の日とは、読んで字のごとく老人を敬いましょうという日です。
日ごろお世話になっているおじいちゃん・おばあちゃんに感謝の意を表す日で、これからも末永く元気でいてくださいという願いが込められた日でもあります。
今年2009年は、大型連休としても知名度を上げています。
日ごろ、お孫さんにとっても優しいおじいちゃん・おばあちゃんを連れて、こういった敬老の日のイベントに参加してみてはいかがでしょうか。
もしくは、おじいちゃん・おばあちゃんを連れて旅行へ行くのも良いかもしれません。
そんな敬老の日に相応しいイベントをいくつかご紹介します。
敬老の日前後一週間では、美術館や映画館がお年寄りに無料で開催されたり、温泉が無料で開放されたりします。
また、お年寄りに対してだけでなく、存分に可愛いお孫さんを甘やかすことが出来るようにお孫さんに対して無料になったりする施設もあります。
2008年の老人週間では、東京の江戸東京博物館や写真美術館、多摩動物公園や葛西臨海水族園や上野動物園で敬老の日のイベントを行っていました。
対象年齢のおじいちゃん・おばあちゃんが無料で施設を楽しめたり、割引価格で利用出来ました。
東京健康ランドでも対象のおじいちゃん・おばあちゃんは敬老の日は施設を無料で利用することが出来ました。
もちろん、こういったイベントは東京都内だけではありません。
全国各地、各自治体で行われています。
今年は9月21日が敬老の日、22日が国民の休日、23日が秋分の日で祝日のため、実質五日間の連休になります。
温泉地や観光地などへ旅行を考えてらっしゃる方は、予約が早くから埋まってしまう可能性もあるので、早めに宿泊施設を取っておきましょう。
おじいちゃん・おばあちゃんと一緒に温泉地へ湯めぐりをしながらリラックス、というのも良いですよね。
9月ですから、そろそろ紅葉が始まる頃だと思います。
遠方に住んでるおじいちゃん・おばあちゃんを訪れる良い機会でもあります。
おじいちゃん・おばあちゃんの家を訪れて、その土地特有のイベントに参加するのも良いと思いますよ。

敬老の日は装飾で差をつけよう

敬老の日にはどんなものを贈ればいいのか判らないという方、敬老の日用に装飾してくれるフラワーアレンジメントやバルーンアートなどもありますよ。
高齢化と少子化が同時に進み、ひとりの孫に4人の祖父母という家庭も多くなりました。
若くて元気なお祖父ちゃんお祖母ちゃんは、育児や仕事にてんてこ舞いの親たちの強い味方です。
いつも孫を可愛がり家計や家事を手助けしてくれるお祖父ちゃんお祖母ちゃんに、敬老の日はメッセージやプレゼントを贈って感謝の気持ちを伝えたいですよね。
お酒が好きだというお祖父ちゃんお祖母ちゃんにオススメなのが、自分の好きな文字や装飾をラベルに施してくれる酒屋さんです。
他にももう少し手が込んで、徳利に文字やメッセージを焼きいれてお酒を詰めてくれるネットショップもあります。
お花やお茶などをたしなむお祖父ちゃんお祖母ちゃんには、装飾性の高い美しい風呂敷に名入れをしてもらっても良いのではないでしょうか。
大きなお茶会になったりすると、自分の手荷物をまとめておく風呂敷は大変重宝します。
素敵な風呂敷に名入れがしてあり、ましてやそれが愛する孫が贈ってくれたものなら仲間内でも自慢の種になりますよね。
他にも日傘やバッグ、帽子などにメッセージを添えて贈るのも良いでしょう。
どんな装飾のものが良いのか判らない、趣味も判らないとお困りの方は年齢を控えて写真を持ってデパートに行ってみるのもひとつの方法です。
デパートの売り場の店員さんは、ギフトを選ぶプロです。
ある程度年齢や見た目・服のセンスなどが判ればそんなに趣味から外れないギフトを選び出してくれます。
最近はいつまでも若く美しいお祖母ちゃんが多いので、ピアスやペンダントなどのアクセサリーやスカーフなど装飾性の高いプレゼントも喜ばれます。
もうそういったものはたくさん持っているから、もっと違ったものが贈りたいという方にオススメなのはフラワーアレンジメントです。
といってもすぐに枯れてしまう生花ではなく、お手入れ不要でいつまでも美しさを楽しめるプリザーブドフラワーを敬老の日にプレゼントしてはいかがでしょう。
これなら足腰が痛いという方も水替えなどの面倒無くお花を楽しむことができます。
シックな装飾のものなら華美なデコレーションは好まない方にも喜ばれますね。
逆にとても華やかでにぎにぎしいものが好きという方になら、可愛らしいバルーンアートのプレゼントも喜ばれます。
お金はかけられないけれど気持ちは伝えたいということなら、手紙やメールでもよいのです。
例えば安い写真立てでもよいので、孫の可愛らしいスナップを入れたものを贈っても良いでしょう。
成長の記録や盆に帰ったときに祖父母と撮った写真をたくさん貼ったアルバムを贈るのも喜ばれます。
家族でビデオレターを作って贈れば、孫たちの元気な声をいつでも聴くことができますよね。
親しいとつい忘れがちな感謝の言葉ですが、敬老の日はちょっぴり勇気を出してお祖父ちゃんお祖母ちゃんに伝えたいものです。

敬老の日の献立は何にする?

大切な家族の長寿を祝う日である、敬老の日に用意する料理の献立に頭を悩ませている人も多いことでしょう。
敬老の日に合った料理はどのようなものがあるでしょうか。
敬老の日とは、以前までは9月15日と決まっていましたが、ハッピーマンデーの制定により、毎年9月の第3月曜日になっており、この日は祝日として3連休の最終日となっています。
ちなみに敬老の意味は「長年社会に尽くしてきたお年寄りに対して、敬愛し、また長寿を祝う日」として、各自治体でも祝賀会が行われるなど、大変おめでたい日であり、多くの家庭でも、プレゼントをあげたり食事をしたりとお祝いがされています。
その大切な食事を考える時、お年寄りに合った献立を考える際、お年寄りが食べやすい固さや味などを考える必要があります。
それに加え、他の世代の違う家族も一緒に楽しめる内容にしたいものです。
敬老の日は、お年寄りの好まれるという点から、和食中心の献立を心がけます。
まず、ご飯ものでは、お祝いとしてお赤飯を用意しますが、お赤飯のもち米が喉に負担がかかる場合は、やわらかめのお寿司でもよいでしょう。
また、おめでたい鯛を使った鯛めしも、炊飯器を使って手軽に作る事が出来る上、見た目も豪華なので人気料理の一つとなっていますが、骨が負担になる場合は、骨を取った上で出すようにします。
メイン料理となる食材は、油脂の多い肉よりも、魚がおすすめです。
また、骨が多いものより身が取りやすいものが食べやすいので骨の少ない白身魚や切り身などを選ぶようにします。
魚は蒸したものでしたら、他の野菜と一緒に調理することができるので、野菜を多くとりたい方に向いています。
また野菜と魚をあんかけにしてもとろみがついて食べやすく、咀嚼に難がある方にもおすすめの一品となります。
メイン料理のほかに野菜料理を取り入れたい時、旬の野菜を考えながら彩りのよい料理を考えてみてはいかがでしょうか。
例えば野菜たっぷりのお煮しめでしたら、根菜を多く取ることができますし、スープなどでしたらキャベツやほうれん草などの葉物も取り入れることができます。
また、喉越しの良さでは茶碗蒸しも人気レシピの1つとなっています。
そしてデザートもゼリーや蒸しパンなど、お年寄りに好まれる優しい口当たりのものが良いでしょう。
ゼリーの中には梅やぶどうなど、旬の果物を入れると見た目にも美しく、お祝いの席の彩りとなります。
このように、敬老の日にはお年寄りが食べやすい献立を立てることも重要なポイントになりますし、同時にお祝いの席らしく、見た目にも気を使って行く事も大切です。
食品会社やレシピを掲載しているサイトには、敬老の日の献立例も多く取り上げられており、普段慣れない和食の献立のヒントが多く載っています。
心を込めた料理を作って、楽しく長寿のお祝いをしたいですね。

敬老の日のギフトは何を贈る?

敬老の日のギフトはおじいちゃんやおばあちゃんに日頃の感謝の気持ちや、健康で長生きして欲しいという気持ちを込めてプレゼントするものです。
金額は特に気にする必要は無く、その人が喜んでくれるだろうという物を自分で選ぶようにしましょう。
最近ではネットでスイーツや産直グルメなどのお取り寄せが流行っていますが、大好きなおじいちゃんやおばあちゃんにも美味しいものを食べてもらいたいと購入する人も多いようです。
また、一緒に住んでいる場合でも、皆で美味しいものを食べたいという考えで贈っても良いと思います。
敬老の日はギフトを贈る日というより、老人達に感謝し長寿を祝う祝日として存在しています。
そのような気持ちを重視し老人との関わりを深め地域住民が団結して暮らせるように、地域でのイベントとして開催されている地域もあります。
例えば小学生くらいの子ども達と老人とが触れ合う事ができる昔遊び、一緒に料理を作って楽しんだり、昔ながらの生活の知恵などを教えてもらうイベントなどがあります。
地域の老人達が子ども達と触れ合う事で元気を貰い健康を維持する事ができますし、子ども達は昔からの良い知恵を教えてもらう事が出来ます。
また、敬老の日はギフトを贈ることだけではなく、一緒に過ごすという意味でも利用されていますが、実際に敬老の日にギフトを贈った事がある人の割合は全体の半数にも及ぶようで、毎年贈っていない場合でも、定期的に贈り物を行っている場合も多くなっています。
このように多くの人が行っている敬老の日のギフトですが、一番多いのは食べ物となっています。
おばあちゃんの場合では和菓子などのスイーツ系が多く、おじいちゃんの場合ではお酒などを選ぶ事が多くなっているようです。
また、洋菓子よりも和菓子の方が日持ちがすることから、遠方に住んでいるおじいちゃんやおばあちゃんには和菓子を利用される方が比較的多く、日持ちするかどうかを選ぶ際のポイントにされている方もおられるようです。
ご年配の方は一度にたくさん食べる事が出来ませんから、保存がある程度効く食べ物はそういった意味でも良いのかも知れませんね。
またその他であれば、健康を願う意味で、健康食品や健康グッズをプレゼントする人も多くなってきています。
日頃から健康に気を使っていつまでも元気で居て欲しいという気持ちで贈る方が増えてきているようです。
ちなみに敬老の日が初めて祝日として定められたのは1966年の事で、今ではすっかり定着しています。
「そんな年じゃないから敬老の日は祝わなくていい」と敬遠される方もおられますが、父の日、母の日と同じく日頃言えないありがとうを敬老の日を使って伝えるのも良いのではないでしょうか。

敬老の日に花を贈る?

敬老の日にどんな花を送って良いか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。
敬老の日は、おじいちゃんとおばあちゃんを敬う日。
そんなおじいちゃんとおばあちゃんに感謝の気持ちを贈る日だからこそ、ぴったりの花を選んであげたいものです。
もちろんどんな花でも喜んでもらえると思いますが、ここはいつもとは違うオリジナルの花を選んでみませんか。
例えば、お花屋さんに頼んで作ってもらうフラワーギフトなど。
敬老の日にぴったりですよ。
フラワーギフトの良いところは、季節に合った花や、お店ならではの個性、鮮やかな色など、色んな面で楽しめるところがあるからです。
また最近では大切な花を長時間保存できるよう、プリザーブドフラワーというものが流行っており、敬老の日にこのプリザーブドフラワーを贈る人も増えているようです。
花の贈り物といっても色々な方法がありますから、お店の人やインターネットなどで検討してみて下さいね。
ただフラワーギフトはお店によっては受け付けていない場合がありますので、一度問い合わせしてみてから利用するようにしましょう。
もし近場のお店でフラワーギフトを行ってくれるところがないという方は、インターネットで注文するのもありです。
インターネット上ですと、色んなタイプのギフトやサービスがありますし、面倒な手続きもメールなどで簡単に済ませることができるので非常に便利です。
興味のある人は、一度インターネットで検索してみて下さいね。
フラワーギフト以外ですと、敬老の日にぴったりなケイトウなんておすすめです。
ケイトウは9月に咲く花で、花言葉で「いつまでも色褪せず若々しくお洒落」という意味があります。
とてもカラフルで綺麗な色をしているので、そのまま鉢植えに入れて渡すのでも良いですが、花束やアレンジをしてもまた違った雰囲気になって綺麗です。
ちなみにケイトウは漢字で「鶏頭」と書き、その名の通りニワトリのトサカのような形をしているのが特徴です。
色は黄色や紫、オレンジ、赤などとにかく色鮮やか。
“いつまでも元気でいてほしい”大切なおじいちゃん・おばあちゃんにぴったりの贈り物ではないでしょうか。
それにメッセージを添えてあげると、きっと喜んでくれること間違いなしです。
贈り物といっても様々ありますが、その中でも花は最も贈りやすく、喜ばれやすいものだと思います。
だたやっぱり人によって好みは違いますから、どんな物を贈って良いか分からない…という人は、事前に欲しいものを聞いておいたり、食事に連れて行ってあげるなどしてみて下さい。
とはいえ、基本気持ちがこもっていれば何でも喜んでもらえると思うので、「喜んでもらえるかな」と第一に考え選んであげると良いと思いますよ。

敬老の日には手作りのものでお祝いする?

敬老の日は手作りのものでお祝いしましょう。
1年に1度のことですから、奮発して高価なものや温泉旅行をプレゼントするのもいいですが、おじいちゃんやおばあちゃんに感謝の気持ちをこめて、世界に1つしかないものをプレゼントすれば、きっと喜んでもらえるはずです。
花や菓子、そして健康グッズが、おじいちゃん、おばあちゃんへのプレゼントの定番のようですが、今年の敬老の日は手作りのものにチャレンジして、おじいちゃんやおばあちゃんを驚かせて喜ばせましょう。
敬老の日の手作りプレゼントのカギを握るのは、何といっても「孫」や「ひ孫」で、孫やひ孫からのプレゼントは一番喜ばれるそうです。
おじいちゃん、おばあちゃんは、孫やひ孫から「じぃちゃん」「ばぁちゃん」と呼ばれるだけでも嬉しいのですが、幼稚園児くらいになると、一応絵も書けますので、敬老の日に手作りのプレゼントとして、似顔絵や絵手紙を送るだけでも、おじいちゃん、おばあちゃんはグッとくるに違いありません。
たとえ上手に描けていなくても、子供の描いた絵は、見ているだけでほのぼのとした幸せな気分にしてくれます。
もちろんおじいちゃんやおばあちゃんの似顔絵ではなくても、幼稚園や小学校で描いた絵をプレゼントしてもいいと思います。
絵を額に入れてプレゼントすれば、キレイな状態で飾ってもらえますし、敬老の日の手作りプレゼントとして絶対に喜ばれるでしょう。
また遠くに離れて住んでいて、なかなか会う機会がなければ、孫やひ孫の姿をビデオレターにしたり、携帯やパソコンで動画をとって贈ると喜ばれます。
おじいちゃん、おばあちゃんにとって、孫やひ孫の成長をみることは楽しみの1つですし、ビデオレターや動画なら孫やひ孫の笑顔をたくさん見ることが出来ます。
孫やひ孫の笑顔は最高の贈り物です。
また写真たてに、最近の写真を入れてプレゼントするのも喜ばれるでしょう。
字が書ける年齢でしたら、おじいちゃん、おばあちゃんに手書きのメッッセージを添えたり、まだ小さければ、手形をとって添えると、成長が良くわかりますし、何よりも良い記念になります。
簡単な工作で写真たてを作って贈ると、おじいちゃん、おばあちゃんは嬉しすぎて、きっと周囲に自慢したくてたまらないと思います。
あなた自身が成人している場合は、アレンジメントフラワーや押し花をプレゼントするのもいいですね。
枯れないブリザードフラワーや盆栽がプレゼントとしては人気ですが、せっかくですから敬老の日に手作りをプレゼントしましょう。
なぜならおじいちゃんやおばあちゃんにとって嬉しいのはもちろんですが、あなたにとっても良い経験になるからです。
敬老の日に手作りのものを贈ることで、おじいちゃんやおばあちゃんが孫やひ孫からの成長を感じるとともに、長い間頑張ってきた自分をいたわる日になってくれるといいですね。

敬老の日のイラストって?

敬老の日のカードやイベント案内などに使えるイラストを探しているなら、郵便局のイラストを無料で使うことができます。
もともとは季節の挨拶などに使うために用意されたフリーイラスト集ですが、敬老の日に使えそうなイラストも何点かあるので活用すると良いでしょう。
敬老の日は、2002年から9月の第3月曜日となっています。
長年社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う、日本の祝日のひとつです。
普段何気なく過ぎてしまう休日のひとつでもあるので、これを機におじいちゃんやおばあちゃんにカードを送ってみてはいかがでしょうか。
育ててもらった恩から、親に頭が上がらないという人は少なくないはずですが、祖父母となると遠い存在に感じてしまう人も少なくないはずです。
中には夫婦共働きの影響で生粋のおばあちゃんっ子という子どもも居ますが、最近は核家族化が進み、おじいちゃんおばあちゃんと一緒に暮らしているという子どもはどんどん少なくなっているようです。
しかし、自分という存在があるのも、親を産み育てた祖父母の存在があってこそということを忘れてはいけません。
それにお年玉の恩恵を授かったという人も少なくないはずです。
敬老の日はそんな普段何気なくかき消されてしまう感謝の気持ちを表す絶好の機会です。
いくつになっても縁が切れることのない家族は非常に尊いものです。
普段おじいちゃんおばあちゃんの家からは離れて暮らしていて、それほど接する機会が無いという人ほど、この機会に感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。
敬老の日のイラストをダウンロードするには、まず郵便局のウェブサイトに行きます。
スクロールして右下の方に、フリーイラスト集と書かれたバナーが目に入るはずです。
そのリンク先には、お正月や入学式などの季節イベントに関わるイラストや、四季折々のイラストなど、山のようなイラストが集められています。
敬老の日に使えそうなイラストは、秋のイラストや家族のイラストに収められています。
また、デザイン文字の中から、ありがとうという言葉やTHANK YOUというフレーズを選んで、追加でレイアウトすると、とてもそれらしくなります。
カードやポストカードに印刷して、手書きのメッセージを添えれば、きっとおじいちゃんおばあちゃんも喜んでくれることでしょう。
好意を寄せてもらい、不快に思う人などいないでしょう。
特にそれが自分の孫であれば、なおさら嬉しいと思うはずです。
家族であれ、友達であれ、自分の周りに居てくれる人間を大事にすることはとても大事です。
それは、強いて言うなら、自分のためでもあります。
人を尊ぶ生活は自分の生活も豊かにしてくれるのです。
自分を大事に想ってくれる人のために、自分の感謝の気持ちを込めて、送ってみましょう。
最近はインターネット上のコンテンツが非常に充実してきて、検索エンジンで検索するだけで欲しい情報が手に入るようになりました。
敬老の日のイラストは、郵便局でなくても色々な種類のものを無料で手に入れることができますから、利用規約は確認しないといけませんがネットの方も活用してみるといいかと思います。